効果

01.

【不良姿勢の改善】
一般的に言われている「反り腰」「巻き肩」「猫背」「ストレートネック」などは総称して不良姿勢と呼ばれます。

それぞれの症状に対してアプローチの仕方は異なりますが、全てに対して言えるのは、それらは「日々の生活習慣で身体にかかるストレスや運動の偏り」の結果です。

その偏りを何日、何ヶ月、何年と続けていると、その偏りでいることが定着し、動きがワンパターン化してしまいます。(例:反ることしかできない、丸まることしかできない)

ピラティスでは、背骨を中心とした各関節への運動を促します。今まで使ってこなかった部分を動かすことで、自分ができる動きのレパートリーが増え、最終的には姿勢の改善に繋がります。

02.

【慢性痛の改善】
慢性痛とは3ヶ月以上続く痛みのことを定義します。原因は様々で、前述したような生活習慣による身体的ストレス由来なものもあれば、生活環境、人間関係による精神的ストレス由来なものもあります。

ピラティスでは、運動、呼吸を通じて自身のストレスレベルを減らすことで慢性痛に対してアプローチすることができます。

03.

【自律神経系の不調改善】
自律神経が乱れてくると、睡眠トラブル、疲労感が残る、内臓の調子が良くないなどの症状が起きます。

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2つに分けることができますが、現代では「交感神経」が優位に働き、常に興奮、緊張状態が続いている方が多いです。その結果、リラックスすべき時にリラックスできず、疲労を翌日に持ち越すような日々が続いてしまいます。

自分で心拍数をコントロールすることができないように自律神経は不随意運動(意思とは無関係な運動)ですが、呼吸は自律神経に対してアプローチすることができる数少ない手段です。

正常なパターンで呼吸ができるようなエクササイズを実践し続けた先に、自律神経の不調が改善されることがあります。